鋳物の歴史

人類が金属を使用するようになったのは紀元前5,000〜6,000年といわれ、天然に産出した金や銀は装身具などに加工されていた。
紀元前3,000年頃の出土物には、ユーフラテス川上流にある国王の墓から青銅製の武器や装飾品が発見されている。
メソポタミア地方に始まった鋳物づくりの技術はしだいにヨーロッパやアジアの各地に伝わり、日本へ伝わったのは紀元前300年頃。
土器とともに青銅器と鉄器が同時に中国大陸から朝鮮半島を経て渡来したと考えられている。
日本で鋳物づくりが始まったのは、出土した鋳型の年代などから推定して弥生時代中期頃。銅鐸、銅鏡、刀剣などが作られていたようだ。
6世紀に入ると仏教が伝来し、寺院や仏像の製作が活発になり技術力も向上していく。
18世紀後半からイギリスで始まった産業革命では軽・重工業が発達。
日本でも明治時代になると、それまでの職人芸から欧米の技術や工場制度を吸収し、近代工業としてのかたちを整えるようになる。
産業革命後、急速な工業発展に伴い鋳物に関する技術研究を目的とした組織「日本鋳物協会」なども誕生。
近年ではコンピュターによる工程管理システム等を導入し、ねずみ鋳鉄(FC)や球状黒鉛鋳鉄(FCD)の生産が主流となっている。


鋳物とは?

鋳物とは金属を溶かし、それを鋳型と呼ばれる砂の型に流し込み完成した製品の事。製品例として道路の"マンホール"や植木を保護する"ツリサークル"など。そのほか、学習院の門(国の重要文化財)もその一例で100年以上経っても健在している。長持ちの秘訣は意外にも時間と供に出てくるサビ。サビが塗装材の役割を果たし保護作用となる。このような高品質で重厚菅がある鋳物製品は日々進化している。
鋳物の素材について。
鋳物は大きく分けて3つの材質がある
@銑鉄鋳物(普通鋳鉄(FC)・ダクタイル鋳鉄(FCD)可鍛鋳鉄(マリアブル)
特徴・柔軟性があり、マンホールや鋳鉄菅などに使用
A鋳鋼(普通鋳鋼、ステンレス鋳鋼)
特徴・鋳鉄鋳物よりも強さと伸びが大きいので重要強度部材に用いられる。
B非鉄金属鋳物(銅合金鋳物、軽合金鋳物、ダイカスト)
特徴・精度の高い製品を短時間に大量生産できることから、自動車関連部品に多く用いられる。