フォークリフト用マジックアーム



フォークリフト用延長用爪“マジックアーム”最大の特徴は、
先端に付いた“返し”

狭い場所でも楽に片側から荷物を引っ張って積み降ろしができる画期的な新製品
いままでフォークリフトのフォークが届かなかった奥のパレットを容易に取り出すことができます。
※フォークリフト用の延長用のサヤ「マジックアーム」は
手動で伸縮させボルトで固定します。


▼J-CASTニュースより▼
 フォークリフトの使用時には、作業時間短縮を図るうえで高い操縦技術を求められている現状があるが、マジックアームはその技術を効果的にアシストするもの。これには大きく分けて2つの特徴がある。1つ目はフォークリフト爪部分にマジックアーム本体を差し込む事で最大約1700oまで延長できること。2つ目はマジックアーム本体の先端部分に付くパーツにより、木製及び樹脂製パレットを簡単に手前へ引き出せること。これらにより、車両手前側と、奥側の荷降ろし作業を、車両の片側から行うことが可能となった。もちろんデザインは作業中支障が出ないよう薄型になっているため、パレットをしっかりとらえることができる。
 従来、手前に積まれた荷の積み降ろしを終えた後、反対側にフォークリフトを移動して同じ作業を行っていたが、これでは通行人や車が気になり、時間もかかる。「マジックアーム」は、そうした諸問題を一気に解決してくれるわけだ。
 そこで気になるのは耐久性。「マジックアーム」の素材には道路でよく目にするマンホールの蓋(ふた)と同じダクタイルと呼ばれる鋳鉄を使用しており、荷重は10トンまで耐えられる。取り付け方も簡単で、フォークリフトの爪にマジックアーム本体を差し込み、数本のボルトで固定。延長しないで使用する場合はボルト1本差し込めば使用可能だ。
 「マジックアームを利用することで、今まで不可能だった作業が可能になります。ぜひご利用いただき、作業効率改善の効果を実感していただきたいですね」とUNITED CAST担当者は話している。
 価格は、F1(サイズ小)が4万6000円、F2(サイズ大)が4万8000円。